VAPEはタバコのような害はない

タバコはニコチン、タール、煙などいろいろな害があります。吸っている人だけでなく、その周りにいる人にも害を与えるとされています。あまり好ましいものとはいえません。嗜好品は適度に害があるものは存在します。お茶やコーヒーは健康に良いとされています。でもカフェインが入っています。カフェインに関しては摂取のシすぎは必ずしも体には良くありません。飲みすぎはよくありません。VAPEに関しては体に対する害があるかどうかが気になる場合があります。電子タバコといわれるくらいですから害があるように感じるでしょう。煙を吸ったり吐き出したりもします。日本においてはニコチン入りのものは泣く、燃やすわけではないのでタール、煙もありません。ただし非常に新しい嗜好品であるため、まだ害についてはっきりと調査がされていません。害がないともいえません。

VAPEはどこでも吸うことができるか

タバコを吸うところとして勘違いをしている人が多いです。禁煙場所でなければ吸ってよいと考えているようです。確かに以前はそのような考えでも通っていたでしょうが、今は基本的には喫煙場所でのみ吸うのがルールといえるでしょう。多くの都市では一般の道路も禁煙となっていますが、禁煙と表示されていなくてもすわないようにしてほしいです。なかなかルールを守る人は少ないです。VAPEはどこでも吸うことができるかですが、基本的にはどこででも吸えます。タバコではないので、煙のように見える水蒸気にもタバコのような害はありません。でもタバコのように見えるのは確かです。非喫煙者としてはタバコのように見えると不快に感じることがあります。今のところは喫煙所などタバコに準じて利用するのがよいとされます。場所によってはこちらも禁じているところがあります。

タバコをVAPEに変えるメリット

タバコは、数年前に比べて値上がりをして高くなっています。これから、さらに値上がりをする可能性は高いです。しかも、タバコを吸う場所も昔に比べてとても少なくなっています。お店によっては、全席禁煙というところもあります。タバコを吸うと健康に良くないだけでなく、周りの人にも迷惑がかかってしまいます。そのため、できれば禁煙をしたいという人が増えています。徐々にタバコの量を減らし禁煙に簡単に成功する人もいますが、なかなか止めることができないという人の方が多いです。なかなか止められない人は、VAPEを使ってみるといいです。電子タバコのVAPEはニコチンが入っていないため、健康面の負担がほとんどないです。しかも、毎日タバコを購入するよりも、金銭面でも負担が少ないです。だいたい一ヶ月に3000円くらいのお金で大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*