VAPEは煙が出て煙を吸い込んで吐く

子供のころであれば大人がタバコを吸うのを見てそれを真似したくなることがあるでしょう。冬は吐いた息が白くなるのでまるでタバコを吸っているように見えることがありました。そのほかタバコの形をしたお菓子を食べたりすることもあります。大人になってタバコを吸うかどうかは自由ですが、煙を吸ったり吐いたりするのはタバコを吸うときの一つのスタイルになるでしょう。VAPEは電源を入れると程なく煙が出て来ます。まるでタバコのようです。これを吸い込み口から吸います。そしてそれを吐くとやはり白い煙が口から出されます。この煙のように見える白い空気は実は水蒸気です。煙となるとタバコの有害な煙を想像してしまいますがそうではありません。冬に息が白く見えるのと同じです。リキッドを加熱して蒸発させれ煙のように見えます。のどなどにもそれ程違和感はありません。

VAPEはタバコより低コストで利用ができる

一般的なタバコは一箱400円を越えた位です。人によって異なりますが、1日一箱吸えば1箇月で1万2千円少しかかることになります。年間で考えていくと10万を大きく超えるお金をタバコにかけていることになります。吸わない人と吸う人とではこの部分だけで大きく所得が変わります。もちろん嗜好品ですから自分のお金で何をするのも勝手ですが、できれば安くしたいと考えるでしょう。VAPEは禁煙のための道具として利用する人がいるとされています。吸い方もタバコに似ていて、代わりになれば健康的な体になれるかもしれません。しかし価格としては必ずしも安くはありません。本体については1万円近くすることがあります。この本体は機械式になっていて、バッテリーなどを使って使います。本体はある程度使い続けることができるので、すぐに元が取れます。

VAPEは副流煙があるかどうか

タバコを吸わない人にはタバコは不快です。においが気になることがありますが、近年副流煙の問題が大きく取り上げられています。場合によってはすう人よりも害が大きいといわれることもあります。タバコは先から出る煙、吸った人が吐き出した息などから有害物質があります。煙として見える状態でなくても、臭いがすればそれなりに有害物質が身近に来ていることを察しなければいけません。VAPEには副流煙があるかどうかがあります。まずこの機器から出る煙は実際は煙ではありません。水蒸気です。吐き出した煙も水蒸気になります。問題はそれらが有害かどうかです。日本で売られているものはニコチンが含まれていないので、今のところは有害物質はあまり確認されていません。ただし人によっては外国からニコチン入りのものを輸入していることがあり、その煙は有害のことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*